直江津今町の時代より続いている畳屋

磯貝畳店

「畳は月日と共に違いが現れるもの、
見えない所ほど丁寧に作るように」
恩師の精神を護り、技術を受け継ぎ、
心を込めた畳をお届け致します。

instagramやってます。フォローお願いします。instagramやってます。フォローお願いします。

表彰・受賞歴

  • [技能グランプリ]

    国内トップクラスの熟練技能者が磨いた技を競う厚生労働省主催の第30回技能グランプリで銀賞受賞。2007年より新潟県代表として6度出場し、第25回、第26回、第29回大会では、銅賞を受賞。

  • [令和3年度にいがたの名工]

    全国大会で受賞歴を有する。新潟県畳業組合連合会主催の技能講習会において長年に渡り講師を務め、板入れ畳素框畳の手縫いの技能を指導してきている事などが認められ、新潟県知事より認定。

  • [ものづくりマイスター]

    技能検定の特級・一級・単一等級の技能士、またはこれと同等の技能を有していると認められる方。実務経験15年間以上ある方。技能の継承や後進者の育成に活動意思及び能力がある方に、厚生労働省が認定。

  • [文化財畳保存会]

    文化庁が認定している選定保存技術団体で、2020年には選定保存技術17件から構成される「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」がユネスコ無形文化遺産登録されました。平成29年に入会し、令和5年に正会員となりました。

畳のご用命は、全日本畳事業協同組合加盟の「磯貝畳店」へ

  • 縁無し畳 市松敷き
  • 縁つき畳 市松敷き
  • 縁つき畳 回し敷き

畳 価格表

  • ■新畳(1畳)14,850円~

    畳床はお手入れ次第で30年位長持ちしますが、表面の凸凹が目立ってきた、歩くとギシギシ音が鳴る、部分的に凹むようでしたら、新しい畳に入れ替えが必要です。お部屋の寸法似合わせて畳表、畳縁を組み合わせて製作します。

  • ■表替え(1畳)8,250円~

    お使いの畳表の色が茶色く変色してきたり、破れたり、イ草がささくれて服につきだしたら、表替えをお勧めします。現在使用している畳の床(土台)を利用し、畳表と畳縁を新しく付け替えます。

  • ■裏返し(1畳)5,500円~

    使用年数5年が目安です。現在使用している畳の床(土台)を利用して、畳表を裏返して、畳ヘリを付け替えます。多少日に焼けた、傷が付いた程度でまだ裏側がきれいなうちに裏返しをすれば一枚の畳表をきれいに長くご使用頂けます。

国産畳表をお買い求めのお客様に、
「仕様書付畳ハンドブック」を発行。

お客様に品質をご理解いただけるよう日本資格協会・全日畳認定の品質管理責任者がご説明致します。

畳のお手入れハンドブック

磯貝畳店について

〈 店舗情報 〉

会社名
磯貝畳店
代表者氏名
磯貝清英
電話番号
025-543-4239
住所
〒942-0001 新潟県上越市中央5丁目2-27
営業時間
8:00〜18:00
定休日
土曜・日曜・祝日
資格
一級畳製作技能士、職業訓練指導資格、(一財)日本資格協会・全日本畳事業協同組合認定 品質管理責任者、厚生労働省認定「ものづくりマイスター」
アクセス
直江津駅北口から徒歩約8分

〈 ごあいさつ 〉

高校卒業後、茨城県畳高等職業訓練校に入校、二年間、畳職人としての基本を学んできました。「仕上がった畳は、畳表と畳縁が付いていて、お客さんからは中身が見えない!どんな縫い方をしたのか?糸の締め具合は?包丁の使われ方は?イ草やワラの微調整は?見られていない技術が仕上がりを左右する、裏ほど綺麗に作れば自ずと美しさが表面に表れるのが畳。」樫村長次校長の口癖でした。卒業して三十数年経ちますが、長次校長から学んだ事を忘れることなく、また技能グランプリで磨いた技を活かした畳作りをしております。
日常の表替え、裏返しの補修作業では、ゴザやワラを1針1針手縫いで仕上げています。月日が経っても型崩れしないよう、長く愛されるよう、見えない所ほど丁寧に、裏ほど綺麗に、美しく仕上がった畳をお届けするために。一人で営む小さな畳屋ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

磯貝畳店のあゆみ

  • ●直江津が今町と呼ばれていた江戸時代創業。
  • ●文化時代1810年頃、中町(現在中央3丁目 直江津郵便局から海へ向かう通り)で「磯貝屋」を創立。
  • ●明治3年1870年、上越市の公文書「渡世向軒別書上帳」に「疊屋 榮吉」として、高祖父の名が残る(榮吉当時58歳)。
  • ●大正12年1923年頃、曾祖父長蔵達は直江津に残り、大伯父が高田に移転。
  • ●昭和19年1944年、海外へ渡っていた祖父信太郎が直江津に戻る。
  • ●昭和20年1945年頃、祖父信太郎が塩屋区(現在中央5丁目)へ移転。
  • ●昭和51年1976年、父治人が現住所へ移転。
  • ●令和2年2020年、私が事業主となる。